観光スポット

太田家住宅

太田家住宅の見どころ

太田家住宅は、かつての保命酒(江戸時代から造られている焼酎ベースの薬用酒)の蔵元です。
瀬戸内海の近世商家建築を代表するもので、2階建ての本宅と7棟の蔵からなり、1991年に国の重要文化財指定を受けました。

幕末の文久3(1863)年の八月十八日の政変で京を追われた三条実美など7人の公卿が長州へ向かう時に宿泊所として使用されました。鞆七卿落遺跡(ともしちきょうおちいせき)として1940年に広島県指定史跡にも指定されています。
1996年から6年に渡る保存修理事業により、江戸時代末期から明治時代初期当時の状態に復元されました。
主屋や炊事場、保命酒蔵が見事に保存されていて、玄関には杉玉掛けもあり、造り酒屋の構えをよく残しています。

さらに、蔵のなかは広く、古風なひな人形や昔の道具が保管・展示されています。
また太田家住宅前の路地は、映画「ももへの手紙」で「もも」が妖怪達に追いかけられて走り抜ける路地のモデルになっている場所のひとつでもあります。

住所 〒720-0201 広島県福山市鞆町鞆271
TEL 084-970-5380
営業時間

10:00~17:00

定休日 火曜日 ※祝日の場合は翌日 12/29~1/3
料金

中学生以上400円(320円)、小学生200円(160円)
※()内は20人以上の団体料金

駐車場 なし(近隣に有料パーキングあり)
アクセス

車:山陽自動車道福山東ICから約40分・福山西ICから約55分
公共:JR福山駅鞆鉄バス11番のりばから約30分。「鞆の浦」下車、徒歩5分